ソニア・ダ・トゥアン

第37代皇帝ルグス・ブーリ・フォン・グリームニルの側室で第38代皇帝エヴェル・ガルム・フォン・グリームニルの生母。元の名はソニア・ヤールル。



平民の身分であったのだが、貴族の末裔であったため、虚弱体質で子どもを産めぬと言われた前正后アルミズ・ダ・ヴァーナの推薦を受け、代わって皇帝ルグスの夜伽に上がった。その後、エヴェル・ガルムを身ごもったために側室として後宮に入った。皇帝ルグス・ブーリの後宮に入る際に貴族(現将軍)の養女になっているため、後見人は義父であるアンガス・ダ・トゥアンが務めていた。

が、エヴェルが幼少の頃流行り病により急死。そのため、公的にエヴェル・ガルムの母の立場にあり、エヴェル・ガルムの養育の一切を取り仕切ったのは前正后のアルミズである。
[PR]
by sweetletter | 2006-02-10 06:22 | 人物
<< リーヴァ・ラグナ・フォン・グリ... フリュウ・リーグ・フォン・グリ... >>